仕事内容

司書が知っておきたい図書館司書の歴史

近年では、全国各地に公共図書館が存在し、そこで働く図書館司書は非常に心強い本のスペシャリストとして活躍しています。

図書館司書の歴史は長く、司書という仕事ができてからすでに100年以上経過しています。

第二次世界大戦よりも以前の1906年に公共図書館に関する図書館令という法律がありました。

この中に、司書という名前が出てきます。

その後、1933年に改正図書館令が出されて、司書検定試験制度が導入されました。

さらに、1950年に図書館法が制定され、図書館に置かれる専門性の高い職員として広く認定されたのです。

この図書館法を制定したことによって、本が好きで専門的な知識を身につけている多くの意欲ある人々が、国家資格を取得して活躍するようになりました。

子供から高齢者までさまざまな年代の人々が訪れてくる図書館は、あらゆる本や雑誌、新聞や映像作品などの情報を収集して人々に提供する場として、圧倒的な人気と信頼を集めているのです。

探している本を迅速かつ正確に探し出せるスキルは、多くの人々から喜ばれています。

これからも、図書館司書に期待される役割はますます増えていくと思われます。

お気に入りの本や雑誌を見つけるために、専門の司書を上手に活用する人が増えています。

図書館にも歴史あり。